しっかり教育をしよう

書き方をしっかり教えなければいけない

丁寧なメールの書き方

友人に送るような感覚で、上司や取引先の相手など、目上の人にメールを送らないよう新入社員に注意してください。
中には、メールの正しい書き方を分かっていない新入社員がいます。
早めに教えてください。
教えることで、今後はきちんとメールを誰に対しても送れるはずです。
少しでもメールの書き方を間違えると、相手が不愉快な思いをします。

こちらの印象も悪くなるので、敬語の使い方を学ばせましょう。
教える側も、正しい知識を持っていることが大事です。
新人教育をする前に、正しい敬語を知っているのか確認しましょう。
不安な部分があれば、勉強し直してください。
間違った知識を、新入社員に教えたら大変です。
トラブルが起こる原因になってしまいます。

手紙の書き方を学ばせる

メールではなく、手紙を取引先の相手に渡すことがあります。
新入社員でも、正しい手紙を書けるように書き方を教えてください。
現代人は、プライベートではメールを使っている人が多いです。
若い新入社員は、手紙を書いたことが無いかもしれません。
基本的なことから、丁寧に教えてあげましょう。
こんなことも分からないのかと、怒ってはいけません。

優しく教えることで、新入社員はやる気を持って勉強してくれます。
怒ってばかりではやる気を失くしますし、自分の印象も悪くなります。
新入社員は分からないことがあって、当たり前だと思ってください。
最初は丁寧に基本から教えて、何回説明しても理解できていなかったら、少し注意してください。

TOPへ戻る